城北ドローンオフィス

⌘ドローンにおいて情報を得て行くには?⌘

カテゴリー:お知らせ

2021年11月22日

情報を持っている人・持っていない人には必ず差が生じますよね。それにより業務の受注件数や趣味にまで取り組み方が変わってしまいます。
・操縦経験(機体によっても異なる)
・行政機関との距離感
・各メーカーとの関係値
・映像関連業界での経験
などが関係して来ると言われております。

●来年の免許制に向けて法整備のスピードが非常に早いので少し前の情報が刻一刻と変わっている日常で情報の重要性が格段に高まっております。
例えば、もし免許性の詳細が分かっていたら今どういうことをすれば「免許性が始まった時に得する事を出来るか?」すぐに分かるでしょう。
・仮に一人のパイロットだとした場合、免許性にあたりテストがあるのならそのカリキュラムを事前に1年前から練習する事さえできます。
・趣味で楽しむ場合においても何となく見た目と価格でドローンを選んだ方と、同じ予算でもスペックや用途に応じてきちんと知識を持った上で選んだ人とでは選ぶドローンは違いますよね。

それではどの様にして情報を得ていくか?
「大切な情報は人を介して入って来る」と言う事です。ですから人付き合いを大事にするのが1つです。

城北ドローンオフィス