城北ドローンオフィス

⌘ドローン業界には「先生と生徒」があって良い⌘

カテゴリー:お知らせ

2021年11月23日

プロのパイロットを目指す人達になぜその関係性があった方が良いかと言うと理由が二つあります。

①現場を見る事ができない
・空撮でも点検でも何でも構いませんがドローン業務の現場を見た事はありますか?
恐らく90%以上の人は見たことがないはずです。
仮に見たとしてもテレビや偶然通りかかってちょっとだけ見たと言う事がほとんどでしょう。
ドローンは特に職人系の仕事なので現場で学ばないと分からない事が沢山あります。緊張感のある現場で監督やパイロットが何を話しているのか?どんな準備をして当日何をしているか?は現場に付いていかないと分からないのです。

②1人で仕事を始めるキッカケになる
・映像やカメラの世界ではその関係性が当たり前でもありました。 先生の現場に付いて行く事で様々な情報やクライアントとの人脈が出来て独り立ちのチャンスが掴めるからです。

●それではどの様に生徒になるのか?
もし生徒を目指すとしても業界として確立していないのでそれもまた難しい事だったりもします。
ですから先ずこの人!と言うパイロットを見つけたら会える場所や教われるイベント事には積極的に参加し仲良くさせて頂く事、そしてその人と一緒に働くのが一番ですね。
私がこうしてブログを書けるのも先生に教わった受け売りがあってこそだと考えております。

城北ドローンオフィス