城北ドローンオフィス

⌘風上と風下の意識について⌘

カテゴリー:お知らせ

2022年3月17日

風が強い時は機体の方向をどちらに向けて飛ばすか?の意識が大切です。
少しでも質の高い映像を撮影するために飛行する前に風向きを確かめる必要があります。
ですのでドローンを飛ばす際は「風向きを感じる癖」を付けてみましょう。

風の弱い時に飛ばすなら特に影響はありません。
ですが、高く上げて飛ばす場合などは風の方向に当たりをつけて飛ばした方が安全ですね。
地上では微風であっても高度30mでは強風という事は十分にあり、風の向きや強さは「風速計以外にも判断する方法」がいくつかあるので参考にしてください。
・雲が流れている向きと早さ ・木々が曲がっている方向 ・葉や枝が動いている早さ等

そしてドローンを飛ばす時に風が強い日や場所では『必ず風上に向かって』飛ばす様にしましょう。
それは離陸直後は向かい風になるという事です。
風上に向かって飛ばしていれば戻る場合は追い風になるので最悪の場合でもドローンは戻ってきます。
ところがその逆の逆風の中であれば戻ってくるのは至難の業です。

城北ドローンオフィス