城北ドローンオフィス

⌘空撮現場で使用されるフライト方法について⌘

カテゴリー:お知らせ

2022年4月8日

定番の練習方法にに「ノーズインサークルがあり、カメラを被写体に円を描くように飛ぶ方法ですね。
ノーズインサークルを練習する理由としては「現場で使用する」&「自在に操縦する練習」に役立つからと言った考えからだと思われます。 ノーズインサークルは複数のレバーを操作する繊細な動作が求められる難度の高いフライト方法なので練習には最適だと言えますね。

ところが「もっともっと大切な飛行方法」が存在します。
・前進後進
・左右への移動
・ナナメ移動
まっすぐ・正確に・ゆっくり」飛ばせている人は極めて少数であるのが現実です。

この基本が出来ていない方がそれ以上のフライトをしているときは注意が必要です。
まずは基本フライトを十分に練習してからステップアップをする事をオススメします。