あなたの町のドローン屋さん|城北ドローンオフィス

東京都事業所防災リーダー通信vol43

カテゴリー:お知らせ

2023年10月27日

いつも大変お世話になっております城北ドローンオフィスと申します。
弊所では東京都が推奨している「事業所防災リーダー」制度に登録をしており、不定期ではありますが防災情報を発信して参ります。(情報は東京都発信の情報を転用しておりますので予めご容赦下さいませ)

◆災害時の自助・共助の重要性
今から28年前の今日、1995年1月17日に阪神・淡路大震災が発生しました。
この地震において救助された人は、7割弱が家族も含む「自助」、3割が隣人等の「共助」で救出されており、「公助」による救助隊による救出は数%に過ぎなかった、という調査結果があります。
阪神淡路大震災における救助主体等 内閣府HPより引用

この調査結果からもわかるように、突然の震災や風水害などで同時に多くの負傷者が出た場合などは、平時のように救急隊の救助を受けることは難しくなります。これらのことから、自主救護の重要性を考えて、事業所内で必要な対策を検討しておきましょう。

自主救護の対策例:・応急手当品を備えておく・AEDの使い方を学ぶ・事業所内の救護計画を作成する・近隣事業所との連携 など
Vol.18~20では、災害時の医療体制や応急救護についてご紹介しております。
Vol.18 災害時の応急救護(1)
Vol.19 災害時の応急救護(2)
Vol.20 災害時の応急救護(3)

東京消防庁からのお知らせ
今月から東京消防庁と連携して防災情報を配信します。
東京消防庁では、毎月、季節やそのときどきで問題になる防災にまつわる事柄をテーマに情報発信をしています。
1月は積雪や凍結路面に係る救急事故の発生状況をピックアップしています。是非ご覧ください!
東京消防庁ホームページ
https://www.tfd.metro.tokyo.lg.jp/camp/2023/202301/camp3.html#camp3-an00