あなたの町のドローン屋さん|城北ドローンオフィス

⌘ドローン安全運航においての考え方について⌘

カテゴリー:お知らせ

2023年12月30日

ドローン安全運航は趣味の範囲を超えて公共の安全にも影響を及ぼしてるのは言うまでもありません。 不適切な使用が個人情報の侵害・航空安全の障壁や物理的な災害を引き起こす可能性があります。
・安全な運航計画の生成
ドローンを飛ばす前に緻密な運航計画を立てることが最も重要です。 これには「飛行ルートの選定」「天候の確認」「使用機材の点検」「緊急時の対処方法」などの準備が含まれます。
・運航時の安全対策
ドローンの運航中は周囲の状況に細心の注意を払う必要があります。
人や動物・障害物や構造物、他の航空機との衝突を避けるために適切な高度と距離を維持することが最も大切です。

ドローン関連の法律
多くの国々でドローン運航に関する法律が制定されています。 これらの法律はドローンの安全な運用を確保し、公共の安全と個人情報を保護するために設けられています。
・飛行禁止区域
ドローンの飛行は空港の近くや政府施設の周辺など特定の地域では禁止されていることが多いです。 イベントや大規模な集会の上空での飛行も制限されることがあります。
・条例や規制の遵守
ドローンの最大飛行高度・飛行時間、撮影に関する個人情報など各国の規制を遵守することが求められます。 特に商業用途でドローンを使用する場合は、より厳格な規則が適用されることがあります。

城北ドローンオフィスにおいての考え方について
ドローンの安全運航と法律に関する知識の教育などをプライベートスクールにて組み込んでおります。 これにより対象者はドローンを安全かつ使用するための責任と知識を習得することが可能です。
私達はドローンの安全な運用と法律の遵守をし社会貢献する事が最重要な課題と考えております。