あなたの町のドローン屋さん|城北ドローンオフィス

⌘映像作品は「事前の準備で質が向上」します⌘

カテゴリー:お知らせ

2024年1月20日

空撮は準備が9割と言われており、作品を作るための準備が不可欠です。
映画やドラマなど映像作品を作る時は、撮る前に沢山の準備が必要になります。演者や機材の手配からストーリーや絵コンテ等の作成も含まれます。 ストーリーボードは映像作品のテーマや何を伝えたいのかをスタッフや演者との共有が目的であり、絵コンテには監督やプロデューサーがどんな映像を撮りたいのか?を関係者に示す目的があります。 作品が大掛かりになればなるほど事前の準備が大変になります。
仮に「自分が楽しむだけの作品」であっても空撮をする前にロケハンや準備を行うと作品のクオリティを上げる事になるのでトライしてみましょう。

ロケハンをする際には
・映像作品の目的や趣旨
・何を伝えたいのか?
・クライアントのターゲット層など
を事前に理解しておくのが重要だと考えられます。 その上で何をどの角度から撮影するとより効果的に動画が撮れるかを見るのがロケハンなのです。これらの3つのポイントが分かっていると作品の品質が格段に向上します。
また空撮を行う前にできる限りの準備を行い、それであってもロケハンとは違う本番の状況に合わせて臨機応変に対応していくのがプロの仕事と言えます。

空撮は準備が9割
ただの練習であれば飛行許可の確認だけでも問題ありませんが映像作品の作成や空撮はもっと準備が必要となります。
きちんと準備をしていると作品の品質が向上するので是非トライしていきましょう。