あなたの町のドローン屋さん|城北ドローンオフィス

⌘空撮における多くのスキルをマスターしよう⌘

カテゴリー:お知らせ

2024年1月22日

1:フレーミングを意識する
「フレーミング」とは画面構成のことであり、ファインダーを覗いて被写体を配置する位置や配色、ボケ具合などを決めることをフレーミング(構図)といいます。 代表的な構図法には「黄金分割」があり、また主被写体を画面中央に配置してしまうフレーミングを「日の丸構図」とも言います。
空撮映像では被写体を美しくフレーミングすることが重要です。空から見た風景は広範囲に広がるため、映像に視覚的なバランスを与えるために、被写体を画面内で適切な位置に配置しましょう。また対称性やラインなどの要素を活用する事で映像に独特の美しさを生み出すことができます。

2:高度を活用して新しい視点を
ドローンの最大の魅力は、高度からの視点を利用できることです。地上からは見えない物事を見る角度や特異な視点を活かして新たな驚きや感動を与えましょう。高所からの俯瞰撮影や建物の上空からの撮影など、普段では体験できない視覚的な魅力を追求する事が可能です。

3:カメラワークに工夫を凝らしてみよう
「カメラワーク」とは撮影技法の総称であり、具体的には映画やドラマ・CMなどの素となる写真や映像を撮影する際に使うカメラの操作方法・撮影技術・映像表現技術などを指します。 またカメラマンの動きや活動を意味する言葉としても使われる用語でもあります。
ドローンのカメラは、単に固定して撮影するだけでなく、動かす事ができます。パン(水平回転)、チルト(垂直回転)、トラッキング(被写体の追尾)など、さまざまなカメラワークを試してみましょう。特にスムーズな動きやトラッキングショットは、空撮映像に臨場感と迫力を与える効果があります。

4:照明と天候を考慮する
空撮映像の魅力は、照明や天候の条件にも大きく影響されます。光の加減や陰影の具合、空の色合いなど、自然な映像を撮影するためには照明や天候を意識しましょう。例えば早朝や夕暮れ時の柔らかな光を活かしたり、晴れた日の青空や雲の表情を生かしたりすることで、より魅力的な映像を撮ることが可能です。

5:編集技術を活用してみよう
撮影後に編集作業を行うことで、映像のクオリティをさらに引き上げることができます。映像のカット割りやトランジション、BGMの選定など、編集技術を使って映像にドラマやストーリー性を与えることが重要です。また、カラーグレーディングやエフェクトの追加など、映像の雰囲気や表現を調整することもできます。

上記が高度な空撮撮影を目指す方に役立つ一般的なスキルであり、魅力的で迫力溢れる空撮映像を作ることが可能です。ただし安全を最優先に考え、空域のルールや法規制に適切に従うことも最重要です。これらのテクニックを実践して、自分だけの素晴らしい空撮映像を作り上げてみましょう。