あなたの町のドローン屋さん|城北ドローンオフィス

「大雨から身を守る」-東京都事業所防災リーダー通信vol20

カテゴリー:お知らせ

2024年2月8日

いつも大変お世話になっております城北ドローンオフィスと申します。
弊所では東京都が推奨している「事業所防災リーダー」制度に登録をしており、不定期ではありますが防災情報を発信して参ります。(情報は東京都発信の情報を転用しておりますので予めご容赦下さいませ)

大雨から身を守るために
突発的に発生する局地的大雨は、近年増加傾向にあります。また、線状降水帯という言葉を聞いたことも あると思います。大雨に関する正しい知識を得ることが大切です。

大雨の特徴
局地的大雨(ゲリラ豪雨)は、突発的に発達した積乱雲が雨を降らせることにより起こります。狭い範囲に強く降り ますが、長くても1時間程度で収まることが特徴です。 一方、線状降水帯とは、次々と発生する発達した雨雲(積乱雲)の群によって、数時間にわたってほぼ同じ場所を通 過または停滞する強い降水をともなう雨域をいいます。

大雨の際に注意すべきこと
・前兆現象
積乱雲が近づくと空が暗くなり、冷たい風が吹きはじめ、次第に大粒の雨が降りだします。 雷鳴が聞こえたり、ひょうが降ることもあります。
・危険な場所
河川:集中豪雨により勢いを増し、水かさが増えてはん濫する危険もあります。 バーベキューやキャンプ等のアクティビティの際は特に注意が必要です。
アンダーパス:雨水が集中しやすい地形で、冠水の危険があります。
地下:地下道や地下室は冠水しやすく、水圧によってドアが開かなくなる危険性があります。

避難時の服装や注意点

東京都からのお知らせ
東京都では一斉帰宅の抑制について、日ごろからイメージしてもらうためにガチャピンとムックがわかりやすく 解説する動画を作成しました。本動画はどなたでも無料で、ご都合のよいタイミングで視聴できます。下記のリン クからアクセスしてください。
https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/kitaku_portal/1006183/index.html