ドローンが拓く未来を築く 城北ドローンオフィス株式会社

privacy.html

CONTACT

DISASTER RESPONSE

防犯・防災 防犯・防災

Crime prevention / Disaster prevention

弊社では、板橋区をはじめ、練馬区・豊島区・文京区・台東区において、積極的な防犯・防災支援に取り組んでいます。
この取り組みは、近隣だけでなく広域エリアへの拡大を目指し、全国の皆様に安心を提供したいと考えています。
取り組みとして板橋区役所との災害時の情報提供に関する協定や、
警視庁警察署(協定書非掲載)との大規模災害時の情報収集のための協定を締結しています。

さらに赤外線カメラを搭載したドローンを活用し、夜間でのフライト撮影や熱源探知、
遭難者の捜索など、様々な支援活動を行っています。そして物流ドローンを活用した支援活動や、防災用品の備蓄など、
災害時の備えも整えており「安心・安全」な社会の実現に向け、防犯・防災活動に積極的に取り組んで参ります。
(写真:下)物流ドローンによるデモンストレーション(いたばし防災フェア-戸田橋陸上競技場)(写真:右)物流ドローンによるデモンストレーション(いたばし防災フェア-戸田橋陸上競技場)

ドローン映像リアルタイム配信サービス

ドローン映像
リアルタイム配信サービス

Dicasterは、自由な視点と新たな発見を提供するドローン映像の可能性を広げるシステムです。映像配信側と視聴側での煩雑な作業を省き、特定のソフトウェアのインストールも必要ありません。これにより、画期的なシステムが実現しました。

Dicasterの特長は次の通りです

  • 遠隔操作による配信開始や停止が可能
  • URLを発行し、第三者への映像配信を提供
  • 配信、視聴、スポット等の三者間音声会議が可能
  • 地図上での位置情報表示もサポート
災害ドローン救援隊 DRONEBIRD

災害ドローン救援隊 DRONEBIRD

DRONEBIRD(NPO法人クライシスマッパーズ・ジャパン)は、自然災害や政治的暴動などが発生した際に、最新鋭のドローンを現地に送り、被災状況を詳細かつ迅速に取得します。これにより現地の災害状況を地図上に反映したオルソ画像を生成し、人命救助や支援活動のサポートを行っています。

また市民の中から最新鋭のドローンを正確に操縦できるパイロットを育成する計画も展開しており、DRONEBIRDは有志の団体として災害時の迅速な対応と被災地支援に貢献しています。

NIST sUAV-STMプログラムの推進 NIST sUAV-STMプログラムの推進
NIST sUAV-STMプログラムの推進

アメリカ合衆国の標準化機関であるNIST(米国国立標準技術研究所)が提唱するNIST sUAV-STM(ドローン操縦者技能評価方法)を積極的に推進しています。このプログラムは、米国の研究機関で開発されたsUAV向けの試験方法であり、防災・防犯分野において迅速な情報収集の訓練方法として採用されています。

日本国内でも、一部の消防署などで導入が進んでおり、災害が多い日本においてこのプログラムは非常に有益であり、災害対策において重要な役割を果たします。
(写真:下)NIST sUAV-STM(操縦者技能評価方法)(写真:左)NIST sUAV-STM(操縦者技能評価方法)